やまがたの観光・イベント・『宿公式』宿泊情報サイト

VISIT YAMAGATA、山形市、上山市、天童市、山形県、観光、イベント、旅館、ホテル、おすすめ

やまがたの観光・イベント・『宿公式』宿泊情報サイト

体験予約検索Reservation

山形県 遊び・体験・レジャー 自然体験 ナイトツアー リコメンド

秘密のホタルの森へご案内|エコツーリズム(モニターツアー)【山形西蔵王高原】

三百坊物語 夏の夜

.
■舞台は西蔵王・三百坊
自然豊かな西蔵王高原
そこには、かつて三百もの僧坊が立ち並んでいた「三百坊」という地があります
平安時代からの歴史、豊かな自然を有するこのエリアが今回の舞台です

■ツアーの特徴
・エコツーリズム
このプロジェクトでは「自然の保全」「観光業の成立」「地域振興」を融合したエコツーリズムの実現を目指しています
本ツアーでは山形県立自然博物園にて地域・自然・文化と人の仲介者:インタープリターとして活躍する真鍋氏、そして、西蔵王の動植物を熟知する星氏をガイドに迎え、みなさまと西蔵王の自然を繋ぎます

・夜のお散歩
手提げ提灯(ちょうちん)を手に、柔らかなあかりを灯した森の中、蛍の棲家(すみか)までお散歩します
カエルや虫の声、川のせせらぎ、木の葉の揺れる音、草の匂い、夜風の涼しさ…
夏の夜」を全身で感じながら、に会いに向かいます

・ゆったり過ごす時間
ツアーの前後にお過ごしいただくのは、落ち着いた雰囲気の「ログハウス三百坊
ちょっとした飲み物お菓子をご用意していますので、ほっこりお過ごしください

■モニターツアーとしての開催
県内随一の観光地である蔵王温泉に近い場所にあり、広大な敷地に歴史・文化・環境等の豊富な資源が点在する西蔵王高原ー
高いポテンシャルを持ちながら、観光地としてはほとんど知られていないこの地で、持続可能な観光地域づくりを推進するためにさまざまな関係者と連携しながら、看板商品の創出等を実現するプロジェクト「西蔵王のエコツーリズム!~美しい自然と幻想的な演出プロジェクト~」の今回がその第1弾です

今年度は次年度からの本格開催に向け、モニターツアーとして開催します
終了後のアンケートを含め、みなさまのご意見やご感想をぜひお寄せください


みなさまのご参加、お待ちしております!

プラン
秘密のホタルの森へご案内|エコツーリズム(モニターツアー)【山形西蔵王高原】
販売期間
2022/07/092022/07/20
集合場所
山形市土坂376-15MAP
取扱会社
おもてなし山形株式会社
実施会社
おもてなし山形株式会社
インフォメーション
■開催日
[1回目] 7月16日(土) 19:15~20:45 (受付 19:00~)
[2回目] 7月20日(水) 19:15~20:45 (受付 19:00~)

■当日の流れ
・受付後
 ウェルカムドリンクをご提供します
・オリエンテーション
 ホタルの生態や三百坊について簡単にご説明します
・移動
 手提げ提灯を手にログハウスから観賞スポットまでご案内します(片道10~15分程度)
・ホタル観賞
 ログハウス三百坊敷地内の森に飛び交うホタルを観賞します
・移動
 ログハウス三百坊に戻ります
・ほっとひと息
 ちょっとした飲み物とお菓子をご提供します
・振り返り
 ツアーの振り返りをします(アンケートにもご協力ください)

■料金 [モニター開催特別料金]
[大人(中学生以上)] 1,000円
[子ども(小学生以下)] 500円

■料金に含まれるもの
・ガイド料
・手持ち提灯レンタル代
・ろうそく代
・軽食代
・保険料

■服装
・肌の露出を控えた服装
*虫に刺される可能性が高いため、半袖やスカート、ハーフパンツはお控えください
・薄手のアウター
*会場は夏でも肌寒い日があります
・レインブーツ(長靴)推奨
*当日や前日の天候によっては足元がぬかるむ可能性がありますので、汚れてもいい靴でお越しください

■持ち物
・虫除けスプレー
*会場でも虫除けスプレーをご用意しています
・懐中電灯は不要です

■最少催行人員
 1名

■注意・免責事項
・会場では必ずガイドの指示に従ってください
・当日の天候や状況によりホタルが見られないこともあります。ホタルが見られなかった場合であっても、ご返金には応じかねますので、御承諾の上、お申込みください
・荒天の場合には、屋内で代替のアクティビティを実施します
・新型コロナウィルス感染症対策にご協力ください
・食品アレルギーがある方は事前にお伝えください

瀧山と西蔵王高原
山形の市街地から眺めると、蔵王連峰の中で一番山形寄りに望むことのできる瀧山(りゅうざん)

その険峻な山陵から発した豊富な水は四十八滝を駆け下り、古くから麓の暮らしを潤してきました

その瀧山に抱かれた本ツアーの舞台である西蔵王・三百坊はかつて三百もの僧坊が建ち並び、瀧山修験の一大道場であったと言われる場所です

ログハウス三百坊
本ツアーの受付やオリエンテーションの会場は、西蔵王高原の入り口に建つ「ログハウス三百坊
定義如来西方寺の五重塔を造った宮大工が手掛けた総青森ヒバ造・縦組工法のログハウスで、ゆったりとあたたかな時間が流れます

揺らぐあかり
本ツアーでは懐中電灯は使いません
その代わり、みなさんに手にしていただくのは、手持ちの提灯(ちょうちん)
揺らぐ提灯のろうそくの炎、そして、足元に並ぶ柔らかなあかりが夜道を照らします

※写真はイメージです

人懐こいヒメボタル
本ツアーで会いに行くのは、ゲンジボタルやヘイケボタルより一回り小さいヒメボタル

蛍というと水辺にいるイメージが強いかもしれませんが、ヒメボタルは森に生息する「森のホタル」です

森の中でまたたくように光るヒメボタル-
愛でずにはいられない命です

※写真はイメージです

ツアー後のほっこり時間
今回ご参加のお礼として、ちょっとした夏のお菓子と飲み物をご用意しています

自然の中で夜のお散歩をした後に、ログハウス三百坊でまったりとした時間をお過ごしください

※写真はイメージです

平安時代から変わらぬ趣

清少納言が執筆した随筆「枕草子」

「春はあけぼの」という冒頭部分はあまりにも有名ですが、続いて彼女は「夏は夜」と評しています

(夏は夜が趣がある / 月が浮かんでいる夜は言うまでもなく、月明かりのない闇の夜、ほたるが飛びかっている光景も美しい / また、ほたるが1匹2匹とほのかに光って飛んでいくのも趣きがある / 雨など降っている時もまた風情がある)

地図・アクセス

イベント申し込み

ご利用人数を入力してください

大人
こども
学生
シニア

取消料(一人当たり)

 
大人
こども
学生
シニア
ご予約日~利用日当日6時間前 0%
上記以降 100%